この世のなごり、夜もなごり、死に行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜

この世のなごり、夜もなごり、死に行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜、一足づゝに消えて行く、夢の夢こそあはれなれ、あれ数ふれば、暁の、七つの時が六つ鳴りて、残る一つが今生の、鐘の響の聞き納め、寂滅為楽と響くなり。(曽根 … Read more この世のなごり、夜もなごり、死に行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜